相談 させ て ください 敬語。 お気軽に~ください /文例・敬語の使い方・意味

敬語 て 相談 させ ください

☺ ビジネスでの使い方・お客様に使う場合 お客様に対して「貴方の相談に乗る」と伝えたいという場面が多々あります。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。

12
敬語 て 相談 させ ください

✆ ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「ご相談ください」としてもよいでしょう。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 相談させていただきたく存じます 「相談させていただきたく存じます。

10
敬語 て 相談 させ ください

🚀 たとえば、「お見積もりの件について、ご相談させていただきたく存じます」というように使うことができます。

敬語 て 相談 させ ください

⌚ ・様々な「」を集めました。 そして、間違いやすい点として、「ご相談させてください」をほとんど面識のない人に使ってしまうことがあります。

敬語 て 相談 させ ください

🤭 ・わが社の株主会議におきまして、この度の案件を全面的にご支援させていただくことになりました。 ・先日の件について、ご相談させていただきたく存じます。 ご相談のほどお願い申し上げます ビジネスメールにもつかえる丁寧な「ご相談ください」の言い換え敬語 あくまでも「ご相談」というフレーズを使いたいときは…• 特に「お」や「ご」はどんな時につけてどんな時にはつけてはいけないのか、完璧に区別ができると言う人は少ないのではないでしょうか。

5
敬語 て 相談 させ ください

🌏 ただ、最後の「ください」が要求や命令形の意味を含んでいるため、状況によっては相手に不快感を与える可能性があります。 そのため、自分から相手にする相談という行為に、尊敬の「ご」を付けている形になってしまい、 自分が相手より立場が上となる言葉に変換されるため、間違いです。 「ご」という言葉が連続していることから、二重敬語となり不自然な敬語になってしまいます。

3
敬語 て 相談 させ ください

⚛ この例文では、下から目線で、相談してもらえるかどうかを質問しています。 「ご相談させてください」は敬語として間違い? 「ご相談させてください」は、もしかすると二重敬語で日本語の表現として間違っているのでは、と思う方もいらっしゃるでしょうが、実は、この「ご相談させてください」は二重敬語などではなく、謙譲語と尊敬語を使ったちゃんとした正しい敬語表現を用いた言葉です。

敬語 て 相談 させ ください

🤣 これは、相手の存在が意識される表現であるため、「御好意に甘えて、ご相談させていただきます」というように、事前に相手から了解を得ているという共通意識がある場合は、全く問題ありません。 つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 例文「ご不明な点がございましたら、何なりとお申し付けください」• 」 2.相談に乗ってもらった後の気持ちの変化も伝えるフレーズ 相談に乗ってもらった後は、その人に相談して良かったということを伝えると相談に乗った相手も自分でよかったかな?大丈夫だったかな?という不安も消えますし、また相談に乗ろうと思ってくれたり、相談に乗ってよかったという気持ちになってくれます。

14
敬語 て 相談 させ ください

😛 続いて「する」についてですが、これは「ご相談する」のように、人の動作を表現するときに使われます。 下に例を挙げます。

9