泉 鏡花。 『泉鏡花』の作品一覧

鏡花 泉

✋ )は何事です。 あんまり知らないふりをなさるからちょっと 驚 ( おど )かしてあげたんだけれど、それでも、もうお分りになったでしょう。 ……いいえ、構うもんですか。

鏡花 泉

♨ まさしく観世音の大慈の 利験 ( りやく )に生きたことを忘れない。 1900年、代表作である「高野聖」を発表。 (旧字旧仮名、作品ID:4591)• 風流線 續風流線• 」 「しばらく、しばらく、まあ、待っておくれ。

鏡花 泉

♥ 夜叉池( 夜叉ヶ池)• 黒髪 (新字旧仮名、作品ID:57487)• いや、どっこい。 1880年(13年)4月、泉鏡花入學市內養成(現在的)。 第22回から24回 - 泉、五木、奥野、尾崎、半村、三浦• (新字新仮名、作品ID:3656)• ちゃんと目をあいて……あれ、あんなに人が立っている。

4
鏡花 泉

🤲 年月が余り 隔 ( へだた )ると、 目前 ( めのまえ )の菊日和も、遠い花の霞になって、夢の 朧 ( おぼろ )が消えて 行 ( ゆ )く。 但在一切準備就緒,手術即將開始之時,夫人卻堅持不肯被麻醉。

鏡花 泉

😀 糸も 紅糸 ( べにいと )からですわ。 不久後,他報考金澤市專門學校(日本第四高等學校)落第,就此改變學習的志向,朝著寫作之路前進。 憂慮しい(きづかわしい)= 気遣わしい。

鏡花 泉

✋ 說到肺結核病和肺炎患者,可說是那個時代的常見疾病,例如,比泉鏡花大14歲的作家夏目漱石,1910年8月也到過那裡療養,同月24日夜晚,卻大量吐血,險些回天乏術,研究者將此事件稱為「修善寺大患」。 誰もお 極 ( きま )りの貧のくるしみからだと思っていたよ。

4
鏡花 泉

🎇 (新字新仮名、作品ID:3658)• 」 p. やがて夜中の三時過ぎ、天守下の坂は長いからね、坂の途中で見失ったが、見失った時の後姿を一番はっきりと覚えている。 嫁入前の若い娘に、余り聞かせる事じゃないから。 眉隱靈( 眉かくしの霊)• 」 「何、くたびれやしない。

9
鏡花 泉

😛 毎年8月1日を基準日とし、前1年間に刊行された文芸作品(小説、戯曲など、単行本に限る)で、泉鏡花の文学世界に通ずるロマンの薫り高い作品 (令和2年度は、令和元年8月1日~令和2年7月31日に刊行された作品が対象) 【表彰】 正賞 「八稜鏡 はちりょうきょう 」 副賞 賞金100万円 回 年度 作 品 名 作 者 名 1 昭和48 産霊山秘録 半村 良 翔ぶ影 森内 俊雄 2 昭和49 悪夢の骨牌 中井 英夫 3 昭和50 甘い蜜の部屋 森 茉莉 4 昭和51 誘惑者 高橋 たか子 5 昭和52 怪しい来客簿 色川 武大 草の臥所 津島 佑子 6 昭和53 海星・河童(ひとで・かっぱ) 唐 十郎 7 昭和54 消滅の光輪 眉村 卓 プラトン的恋愛 金井 美恵子 8 昭和55 わが魂は輝く水なり 清水 邦夫 雪女 森 万紀子 9 昭和56 唐草物語 澁澤 龍彦 虚人たち 筒井 康隆 10 昭和57 抱擁 日野 啓三 11 昭和58 鬼どもの夜は深い 三枝 和子 光る女 小檜山 博 12 昭和59 「海峽」「八雲が殺した」 赤江 瀑 13 昭和60 殺意の風景 宮脇 俊三 14 昭和61 シングル・セル 増田 みず子 15 昭和62 アマノン国往還記 倉橋 由美子 シュージの放浪 朝稲 日出夫 16 昭和63 折鶴 泡坂 妻夫 ムーンライト・シャドウ(『キッチン』所収) 吉本 ばなな 17 平成元 野分酒場 石和 鷹 深川澪通り木戸番小屋 北原 亞以子 18 平成2 泥汽車 日影 丈吉 19 平成3 踊ろう、マヤ 有爲 エンジェル 20 平成4 駆ける少年 鷺沢 萠 彼岸先生 島田 雅彦 21 平成5 喪服の子 山本 道子 22 平成6 該当作品なし 23 平成7 夢の方位 辻 章 24 平成8 フルハウス 柳 美里 アニマル・ロジック 山田 詠美 25 平成9 鎌倉のおばさん 村松 友視 嗤う伊右衛門 京極 夏彦 26 平成10 道頓堀の雨に別れて以来なり - 川柳作家・岸本水府とその時代 田辺 聖子 27 平成11 箱の夫 吉田 知子 種村季弘のネオ・ラビリントス 「幻想のエロス」ほか 種村 季弘 28 平成12 ヒナギクのお茶の場合 多和田 葉子 29 平成13 蕭々館日録 久世 光彦 幽界森娘異聞 笙野 頼子 30 平成14 「文壇」およびそれに至る文業 野坂 昭如 31 平成15 輝く日の宮 丸谷 才一 グロテスク 桐野 夏生 32 平成16 ブラフマンの埋葬 小川 洋子 33 平成17 楽園の鳥 カルカッタ幻想曲 寮 美千子 34 平成18 悪党芭蕉 嵐山 光三郎 35 平成19 道元禅師(上・下) 立松 和平 36 平成20 草すべり その他の短篇 南木 佳士 ぶるうらんど 横尾 忠則 37 平成21 魚神 千早 茜 38 平成22 河原者ノススメ 死穢と修羅の記憶 篠田 正浩 39 平成23 風景 瀬戸内 寂聴 大江戸釣客伝(上・下) 夢枕 獏 40 平成24 かなたの子 角田 光代 41 平成25 往古来今 磯﨑 憲一郎 42 平成26 妻が椎茸だったころ 中島 京子 たまもの 小池 昌代 43 平成27 冥途あり 長野 まゆみ 骨風 篠原 勝之 44 平成28 大きな鳥にさらわれないよう 川上 弘美 45 平成29 最愛の子ども 松浦 理英子 46 平成30 飛ぶ孔雀 山尾 悠子 47 令和元 ひよこ太陽 田中 慎弥 48 令和2 小説伊勢物語 業平 髙樹 のぶ子. 直到明治時代初期,日語中的口語體 ( 話し言葉)與書面體 ( 書き言葉)仍有很大的差異。 …… 真紅 ( まっか )でしたわ、おとなになって今じゃ 薄 ( うっす )りとただ青いだけですの。

9