ダーク ソウル グウィン ドリン。 グウィン王家の家系図(再)

ドリン グウィン ダーク ソウル

😔 ダークソウルの『グウィンドリン』に復讐の証を捧げた方が良いの. つまり、管理者が必要であるウーラシールの決闘と、奴隷巨人で動かしているセンの古城は同時期に作られており、ウーラシール決闘の管理者は失われその機能を失い、センの古城とアノール・ロンドを繋ぐ門は埋められた。 火防女の一人であり、全身に無数の得体のしれない卵をまとっている。 また、 グウィネヴィアの娘の可能性が高いキャターは、他に生まれ変わりの母ロザリアがいます。

12
ドリン グウィン ダーク ソウル

☕ あくまでも考察の一説なので、盲信することなく疑いの目で読み進めてくださいまし。 暗月剣の誓約指輪説明文より 「自らの醜くひ弱な姿を知るグウィンドリンは」とある。

18
ドリン グウィン ダーク ソウル

🤐 更新された記事• また、かつて家族を捨て、今では自分も混沌の娘呼ばわりされることを嫌っている事を本人から聞くこともできる。 【太陽の光の剣】 かつて太陽の長子が振るった奇跡 右手の武器を太陽の光の力で強化する 太陽の光の力とは、すなわち雷であり 特にには、大きな威力を発揮するだろう 空っぽの大王の棺に備えられたそれは 神を追われた彼の、別れの言葉だったろうか 実質の死を意味する火継ぎに対して作られたのがこの棺なら、長子の別れはグウィンの火継ぎ以降であることがわかります。 白竜シースは、竜と聖女とをかけあわせる実験をしていたのかもしれない。

ドリン グウィン ダーク ソウル

☢ DLCではまだ小さい大きさで登場(それでも大型犬より二回り以上大きい)、アルトリウスと共に深淵へと挑む。

ドリン グウィン ダーク ソウル

⌚ 不死街下層の倉庫に閉じ込められている。 そういう解釈がいろいろできるので、自分色を出せるというか。

ドリン グウィン ダーク ソウル

🤪 この白い木です。 テキストでしか分かりませんが、ベルカは凄い性能をしています 黒髪の魔女ベルカの伝える秘儀 効果範囲内ですべての魔法が使えなくなる 罪の女神ベルカは異端であるが 古今あらゆる秘儀に通じており 神々の中でも強い影響力を持つと言われる <沈黙の禁則より> 神の奇跡をなす触媒 罪の女神ベルカのそれは彼女の黒髪であり 信仰によらず理力を奇跡の糧とする <ベルカのタリスマン> 魔女であり 異端であり 罪の女神であり 古今あらゆる秘儀に通じ 神々に強い影響力を持ち 理力を奇跡の糧にする ベルカはこれだけの能力と地位とフックを有しているにも関わらず、ゲーム中の表舞台には出てきませんでした だからこそ、裏では世界の様々な文明や人物に関わり、多くの影響を及ぼしていると考えます ここに置いてある考察の多くも、多かれ少なかれ彼女の影響を受けた形になっているということです さらにそれらの考察の根幹は、 ベルカはアノールロンド王妃であるという陰謀論が軸になっています それがこの考察です グウィン王には四人の子供が居ました、この考察ではそれを産んだのはベルカ王妃であると考えます [遺伝] 普通に考えて子供は親の遺伝子を継ぐものです 神族の生体に詳しくはありませんが、人と同じように見た目や性質を継ぐの だろうと考えます 子供たちがグウィンとベルカのどちらに似たのかを考えます 太陽の光を継いだグウィン王の長子が かつてつけていたとされる古く汚れた指輪 太陽の長子はかつて戦神であったが その愚かさにより、すべての記録と共に神を追われ いまやその名前すら伝わっていない <太陽の長子の指輪より> 長子は太陽の光である雷を継いでいます 無名の王としての彼の出立はアノールロンドのグウィン像に近い感じがしますので、 太陽の長子はグウィン似と考えます グウィン王の長女にして、 太陽の光の王女であるグウィネヴィアの誓約者に与えられる指輪 太陽の光の王女グウィネヴィアは 多くの神と共にアノール・ロンドを去り 後に火の神フランの妻となった <太陽の光の王女の指輪より> グヴィネヴィアも太陽の光の王女ですので 父親似と考えます 髪質のクセもグウィンぽいです グウィン王の末子にして、暗月の神 グウィンドリンの誓約者に伝えられる奇跡 暗月の光の力とは、すなわち復讐であり 優れた復讐者であるほど、その威力は高まる<暗月の光の剣より> グウィンドリンについては後述します 古く大王グウィンの勅使が用いた小環旗 輪の岩壁を臨み掲げれば、運び手がやってくる 大王は、闇の魂を得た小人に 最果てに閉ざされた輪の都と 愛しい末娘を送ったという いつか迎えをよこすと約して <勅使の小還旗より> フィリアノールは黒髪なので容姿はベルカに似ているかもしれません 緑に錆びた若草の飾り 若草は王女フィリアノールの紋章である 装備することで「教会の槍」の誓約者となる 教会の槍は、王女の眠りの守り人である 教会に不法者のあったとき、法官の召喚に応え 誓約霊としてそれを狩る使命がある そして教会の槍の誓約霊には、加護が与えられる <誓約教会の槍より> 教会の槍になると、加護により奇跡とも魔術とも思われる術を使えるようになります これがフィリアノールの力であるなら、彼女の性質はグウィンの太陽とベルカの魔術の才を半々に継いでいると考えられます 太陽の光と魔力を受け継いだ結果、光の魔術となったのだとしたら、ウーラシールの魔術 の源流はフィリアノールにあるのではないでしょうか? 古い魔術の国の平服 黄金の飾りは僅かな魔術を帯びているが 本来、戦いのための装束ではない はるか昔、ある使節団が輪の都を訪れたとき 唯一人残った若者が 記録上最後の、教会の槍になったという <古めかしい平服より> 輪の都にはウーラシールからの使節団(外交官)が送られ、その一人がフィリアノールの騎士になっていることからも、彼女とウーラシールには関係性があったと考えられます 古い亡国ウーラシールの魔術杖 魔力を帯びた白皮の木の枝をまとめたもの 帯びた魔力により魔術威力修正が高いが かの国の魔術に、もとより攻撃的なものはなく 理力が攻撃の威力に反映されることもない <ウーラシールの白枝> とはいえ、ウーラシールに攻撃的な魔術はないので微妙です 亡国ウーラシールの古い魔術 全身をほぼ透明にする 消失回避のためうっすらと見えているが 立ち止まればすぐに周囲に溶け込み 容易に発見されることはまずないだろう <見えない体より> なお、ウーラシールの秘術である見えない体の上位互換をプリシラが使いこなしていることから、ウーラシールの魔術は絵画世界とも関係があるのかもしれません グウィン王の古い戦友として知られる 「岩のような」ハベルに由来する指輪 彼を信奉する戦士達が好んで身に付けたと言われ 装備重量を増やす効果がある <ハベルの指輪> グウィンとハベルは戦友でした 朽ちぬ古竜の牙をそのまま武器にしたという 「岩のような」ハベルの伝説の大槌 その牙は岩よりも硬く、決して折れず また使用者に魔法と炎に耐える力を与える <大竜牙> まさに岩塊を彫って作られた 「岩のような」ハベルの伝説の大盾 すさまじい重さと防御効果を誇り さらにはハベルの魔力すらも秘めている 大竜牙と並ぶハベル本人の聖遺物 <ハベルの大盾> ハベルの代名詞である大竜牙と大盾が聖遺物と称されることから、彼は竜であったと考えます 牙が誰のものであったかを考えれば、まずは竜のものだからです それは、朽ちぬ牙と「岩のような」鱗を持つ竜です 古竜の末裔の首級を、そのまま盾としたもの 岩のようなそれは確かに硬質である かつて輪の騎士たちは 神々の要請に応じ、竜狩りに列した だがそれは、決して謳われなかった たとえ末裔であれ、古竜が朽ち果てることはなく 戦技により、往時の力を寸分取り戻し 竜の咆哮により周囲を吹き飛ばす <竜首の大盾より> 大竜牙のサイズから察するにハベルは巨大な竜であったはずです 彼の信奉者たちはその牙と盾で肉弾戦に興じることからも、グウィンと共に戦場を駆ける地竜だったのかもしれません かつて同胞を裏切った ウロコのない古竜 シースはグウィン王に与して古竜を裏切り 後の公爵として王の外戚となった <分け与えられた王のソウルより> 外戚とは、王の母親か嫁の親戚という意味だそうです 魔術が生み出されたのは、遥か古のことよ 大いなる白きもの、 それが魔の力を生んだと伝えられておるが… 果たして真実なのか、それを知る術などありはせぬ 長き時の間には、失われた魔術もあるとされておる 呪術が生まれるより以前には、炎の魔術があったという それも、失われたもののひとつよ <冥府のカリオンの台詞より> シースはすべての魔術の祖であるので、魔女であるベルカと繋がりがあったと考えます つまり王妃の親戚としてアノールロンドに招かれたということです 実際にシースとベルカに血縁があるかは分かりませんが、彼女は炎の魔術を使う娘たちと共に古竜と戦っていたのでグウィンよりシースのとの付き合いの方が長そうです [二人の竜の争い] 「岩のような」ハベルの司祭に伝えられる奇跡 全身を強い魔法防護の膜で覆う グウィン王の古い戦友であり 白竜シースの敵対者でもあったハベルは 魔法を嫌い、それに対する手段も怠らなかった <大魔法防御より> ハベルとシースは敵対していました グウィンにハベルが属したように、 ベルカに属する竜としてシースはアノールロンドに招かれたはずです ハベルとシースは激しく対立したはずですが、 グウィン王が最終的に選んだのはハベルではなくシースだったのではないかと考えます それが「聖遺物」と「公爵」という結論なのではないでしょうか 古竜の秘密を売ったシースの行動が 、神々が古竜との戦争に勝利する決定打となったはずです 古竜との戦いに勝利した後、神々は火の時代を始めました その長となったグウィンは戦士としてではなく、神々や人を治める王として生きねばならなかったはずです 神々を勝利へと導き、膨大な叡智に通じ博識であるシースを、グウィンはこれからの時代に 利する者であると考えざる負えなかったのではないでしょうか 無論、シースを連れてきたベルカもアノールロンド内の世論をシースに傾けたはずです そして 、長子がアノールロンドを去ったのも、この時期であると考えられます 空っぽの大王の棺に備えられたそれは 神を追われた彼の、別れの言葉だったろうか <太陽の光の剣> 嵐の竜を友とした彼の気持ちを分からぬグウィンではなかったはずです 竜のできそこないとして、不死の象徴である蛇は 一方で、体よりも大きな獲物を丸のみする きわめて貪欲な生物としても知られている <貪欲な銀の蛇の指輪より> グウィンドリンは太陽の力を継いでいません その下半身は竜のなりそこないである蛇です かつて暗月の神グウィンドリンの手には この矢と対になる黄金の弓があったという <月光の矢> かつて同胞を裏切ったウロコのない古竜 白竜シースの尾から生まれた武器 魔術の租たるシースの魔力の結晶であり その力は月光の波として開放される <月光の大剣より> 月光とはシースと同じ力です ようは彼の月の力とはシースから継いだものであると考えられます つまりベルカがシースと浮気して産まれたのがグウィンドリンです グウィン王の末子として歴とした神でありながら 月の魔術師でもあったグウィンドリンの錫杖は 理力ではなく信仰により魔術を強化する <暗月の錫杖> また、グウィンドリンはベルカとは逆に信仰を魔術に変換しますので、この転じる性質はベルカから継いでいるのかもしれません 黒い森の庭を舞う神秘の生物 月光蝶のソウルから生まれた盾 シースの被造物であった蝶と同じく 強い結晶の魔力を帯びており 結晶の光輪を放つことができる <結晶輪の盾より> シースの被造物である月光蝶とグウィンドリンは戦闘BGMがいっしょだったりもします その月の力から、娘として育てられた彼の衣装は 極めて薄い魔力の衣であり、 物理的な防御力はまったく期待できない <グウィンドリンの長衣より> グウィンドリンが霊廟に隠れ、女性として生きる必要があったのも、その下半身を人目から隠すためだったのではないでしょうか 巨大なソウルの塊を生み出し 自ら雷を放つ光球に変える奇跡 遥か古の太陽の神によって生み出されたが 生み出した者自身によって封じられていた それは激しい怒りなのか、それとも慟哭だろうか <輝かしい雷球より> たぶん、グウィンドリンが産まれた時が、グウィンが王妃の不義に気づいた瞬間です [暗月について ] 世界の罪人たちを確認する 罪の女神ベルカの管理する記録帳 罪人とは、神々や誓約を蔑ろにした者たちであり いつか暗月の刃に倒れる運命にある <罪人録より> グウィン王の末子にして、暗月の神 グウィンドリンの誓約者に伝えられる奇跡 右手の武器を暗月の光の力で強化する 暗月の光の力とは、すなわち復讐であり 優れた復讐者であるほど、その威力は高まる <暗月の光の剣> 暗月の罪人録を管理するのはベルカであり、罰を執行するのはグウィンドリンの配下にある暗月の騎士たちです つまりベルカは法家であり、暗月という信仰(組織)は母子経営で成り立っていました 黒髪の魔女ベルカの伝える奇跡 短時間に大ダメージを受けると、自動的に反撃する 罪とは罰せられるべきものであれば 罪を定義し、罰を執行するのが 罪の女神ベルカの役目であろう <因果応報より> ベルカは「罪の女神」でもあります 少なくともロードランの罪とは彼女が定義したものであり、それを犯した者が告罪符により裁かれる対象となります また、彼女はカリムの女神でもあるので、ロードランの外にある世界にも彼女の法は影響しています それを象徴するのが カリムの教戒師たちです 罪人の懺悔を聞き、反省と救済を促す教戒師は 俗な市井と隔絶した存在であるはずで 仮面はその象徴である <ベルカの仮面> 彼らはベルカの名を冠した装備に身を包み、彼女の奇跡を広め、そして多額のソウルにより 罪を赦します つまり暗月とは 罪の定義=ベルカの法律により 罰の執行=グウィンドリンの執行官が罪人を裁いて 贖罪=カリム教戒師が神父や弁護人として罪を赦す みたいな感じであり 非常に人の世の秩序に根差した組織であると考えられます [暗月の由来] 暗月には日本語で日食の意味合いがあります なので、暗月は陰の太陽グウィンドリンを代表とした組織であると考えることが出来ます 日食はダークリングにも似ていることから、潜在的にダークリングを保有する人々のための機関という意味もあるのかもしれません 棄てられたアノール・ロンドを守る 陰の太陽グウィンドリンの王冠 神の王冠はとてつもない信仰を要求するが 暗月の魔法の力を帯び、すべての魔法を強化する その太陽姿は彼の願望の現われだろうか <グウィンドリンの王冠> 隠れた神であるグウィンドリンが王冠を被っているのも、「俺がしっかりして人間を引っ張っていってやるぞ」という決意の表れかもしれません しかし、英語台詞では 暗月をダークムーンと発音しています ダークムーンは海外では 新月を意味する言葉となるようです 闇夜に溶ける暗い月をイメージするなら 黒髪の魔女であり、闇の奇跡を扱い、鴉を僕とするベルカを表した組織であるとも考えられます [グウィンドリンの矜持] グウィンドリンは暗月の神であるがゆえにベルカとの繋がりが強く感じられますが、その心持ちはどうだったのでしょうか 彼自身の信仰はその王冠に現れているように、別のところにあるように思います すべてに愛されたグウィネヴィアの奇跡は その恩恵をひろく戦士たちに分け与えるが 誓約者でなければ使うことはできない <太陽の光の癒しより> すべてに愛されたということは、グウィンドリンも姉に好意を寄せていたはずです お願いです 大王グウィンの後継として、世界の火を継いでください そうすれば、人の世の夜も終わり 不死の現れもなくなるでしょう 世界の蛇、王の探索者フラムトが貴方を導いてくれるはずです <グヴィネヴィアの台詞より> 自らの醜くひ弱な姿を知るグウィンドリンは 姉グウィネヴィアの幻を作り 棄てられたアノール・ロンドを守っている その偽りを破るものは、神の大敵に他ならない <暗月剣の誓約指輪より> グウィネヴィアの幻影を作り出しているのはグウィンドリンです その幻影がグウィンの後継としての不死の英雄を導いていることからも、グウィンドリンは月よりも太陽に憧れた、火の派閥に属する神であると考えられます 無印ダークソウルで半竜プリシラを倒すと、神の撃破というトロフィーを獲得できます つまりプリシラは竜と神の血を引いていると考えられます プリシラは全体的に白いので、白竜シースの血を継いだ娘です 白いから エレーミアス絵画世界に閉じ込められた 半竜プリシラのソウル 特別な存在は特別なソウルを有する 不義の子にして、生命の敵である半竜のソウル <半竜プリシラのソウルより> 不義の子とは、不倫とかの子という意味があるそうです 王の外戚として公爵の地位を授かった者が 誰と子を作れば不義に当たるかを考えると、 まあ1番不義なのは、その王の奥さんと関係を持つことではないでしょうか なので、プリシラはシースとベルカの子として考えます おそらくはグウィンドリンと兄妹です エレーミアス絵画世界に閉じ込められた 純白の半竜プリシラのソウルから生まれた鎌 神々さえ恐怖した生命狩りの力を持つが 半竜ならざる者がその力を振るえば その力は使用者にも跳ね返ってしまう <生命狩りの鎌> プリシラは絵画世界に封印されている ということは、元々彼女は外の世界に居たということになります 生命狩りの力を神々が恐れたということは、アノールロンドやその周辺にて神々にその力を奮っていたのかもしれません ここは静かで、皆優しげですが あなたの世界ではないでしょう? <半竜プリシラの台詞より> エレーミアス絵画世界に主人公に対して優しげな人は一人も居ませんでした 彼女の価値観は中々にズレていると思われるので、ベルカやシースに片寄った思想教育を施されていたのかもしれません …我は世界の蛇 正しい時代を、王を探すもの <闇撫でのカアスの台詞より> 世界蛇とは時代を導く者だと思われます たぶん神々が古竜に勝利して火の時代を築いた時にも、世界蛇はグウィンの前に現れていたのでしょう お主に不死の使命を伝えたい よいかな? 不死の勇者よ。 騎士 : 体力が最も高く「騎士シリーズ」の防具のお陰で打たれ強い反面、防具が重いのが難点。

13