あわて 床屋。 あわて床屋 童謡の歌詞 北原白秋

床屋 あわて

☺ どうぞ急いで髪刈っておくれ。 というと語弊があるのかもしれませんが・・・、いや、ブラックだろう!! 耳を傷つけられたからこの詩ができたのか元々この詩があったのかは書かれていませんが、私が床屋だったら「あの人ブラックだわ!」となります。

19
床屋 あわて

👈 その後の母親との回想シーン。

12
床屋 あわて

♥ あわて床屋 北原白秋 作詞 山田耕筰 作曲 1 春(はる)は早(はよ)うから 川辺(かわべ)の芦(あし)に かにが店(みせ)出(だ)し 床屋(とこや)でござる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな 2 こがにぶつぶつ しゃぼんを溶(と)かし おやじ自慢(じまん)で はさみを鳴(な)らす ちょっきん ちょっきん ちょっきんな 3 そこへうさぎが お客(きゃく)にござる どうぞ急(いそ)いで 髪(かみ)刈(か)っておくれ ちょっきん ちょっきん ちょっきんな 4 うさぎァ気(き)がせく かにァあわてるし 早(はや)く早(はや)くと 客(きゃく)ァ詰(つ)めこむし ちょっきん ちょっきん ちょっきんな 5 邪魔(じゃま)なお耳(みみ)は ぴょこぴょこするし そこであわてて ちょきんと切(き)りおとす ちょっきん ちょっきん ちょっきんな 6 うさぎァ怒(おこ)るし かにァ恥(はじ)ょかくし しかたなくなく 穴(あな)へと逃(に)げる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな しかたなくなく 穴(あな)へと逃(に)げる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな. ; カニ親子は申し訳ないやら恥ずかしいやら、 とうとう穴の中へとかくれてしまいました! 』というストーリーです。 歌いこなせるまでは丁寧に音の進行を練習するとよいですね。 春は早うから 川辺の芦に かにが店出し 床屋でござる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな こがにぶつぶつ しゃぼんを溶かし おやじ自慢で はさみを鳴らす ちょっきん ちょっきん ちょっきんな そこへうさぎが お客にごぎる どうぞ急いで 髪刈っておくれ ちょっきん ちょっきん ちょっきんな うさぎァ気がせく かにァあわてるし 早く早くと 客ァ詰めこむし ちょっきん ちょっきん ちょっきんな 邪魔なお耳は ぴょこぴょこするし そこであわてて ちょんと切りおとす ちょっきん ちょっきん ちょっきんな うさぎァ怒るし かにァ恥ょかくし しかたなくなく 穴へと逃げる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな しかたなくなく 穴へと逃げる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな. その下にのぞく黒い足。

床屋 あわて

✋ 童謡に限らず、日本の子どもむけの文学を読むおとなたちは、ナンセンスやユーモアを容易に受け入れようとしない妙な《きまじめさ》があるようだ。

19
床屋 あわて

😗 蟹が穴に逃げ込むところで歌詞は終わっています。

17
床屋 あわて

🐾 意味はないかもしれないけど(多少あるんでしょうが)、意味を考えないでも口にするとちょっとテンションが上がる。 子ガニは そんな父が自慢で嬉しく、せっせと石鹸( シャボン )を溶かしたり ハサミをならしたりと甲斐甲斐しくお手伝いをします。

2
床屋 あわて

⌚ 6番まで続いていきますが、ラストエンディングコーダーが 3小節で やはり『 チョッキン チョッキン チョッキンナ!。 あわて床屋 春は早うから川辺の葦(あし)に、蟹が店だし、床屋でござる。

2
床屋 あわて

😋 歌手: 作詞: 作曲: はるは はようから かわべの あしに かにが みせ だし とこやで ござる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな こがに ぶつぶつ シャボンを とかし おやじ じまんで はさみを ならす ちょっきん ちょっきん ちょっきんな そこへ うさぎが おきゃくに ござる どうぞ いそいで かみ かって おくれ ちょっきん ちょっきん ちょっきんな うさぎぁ きが せく かにぁ あわてるし はやく はやくと きゃくぁ つめこむし ちょっきん ちょっきん ちょっきんな じゃまな おみみは ぴょこぴょこするし そこで あわてて ちょんと きりおとす ちょっきん ちょっきん ちょっきんな うさぎぁ おこるし かにぁ はじょ かくし しかたなくなく あなへと にげる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな しかたなくなく あなへと にげる ちょっきん ちょっきん ちょっきんな. 私はそうだ。

床屋 あわて

🤘 この曲の大きなポイントであり、スタッカートで歯切れ良く明るく歌唱するとコミカルさが表現できて素敵ですね。

12