ご 期待 に 添える よう 尽力 いたし ます。 ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

☭ 5-3.プレゼンテーションで使う プレゼンテーションで使うことはあまり無いかもしれませんが、使うことは可能です。 しかし、サービス業等においては努力をする、努力を見せるという事は大切ですよね。 「難しい要望ですが、できる限りの対応はさせていただきます」というニュアンスで「尽力させていただきます」を使う人は少なくありません。

9
に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

⚓ 後半部分に使用されている「所存です」には、「思う」や 「考える」という意味が含まれています。

9
に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

😩 両者は似ているようですが、微妙にニュアンスが異なります。 期待に応える人って実際どんな人?仕事の考え方 「期待に応えられるように」と何気なく使っている人も多いかもしれませんが、実際に「期待に応える人」にはどんな共通点があるのでしょう。

6
に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

👌 「ご期待」は尊敬語なので、自分や自社の期待に対して使うことはできません。 メールや電話などで大きなプロジェクトなどを任せられることもあるでしょう。 ご期待に添えるよう、尽力いたします。

に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

🙄 「尽」「力」ともに音読みで、「尽」は訓読みにすると「つ(くす)」となります。 「添う」と同様に目的どおりにするという意味ですが、より間違いなく正確に、ぴったりと目的に適っているという印象を与える言葉です。 相手の考え通りに物事を進めなかったことについて、謝罪をする場合も使うことができます。

に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

⚑ 「尽力させていただきます」という使い方は、お客様からの要望があった際などの返答として多く見受けられるフレーズです。

5
に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

🤙 「一層稽古に精進してまいります」「相撲道に精進します」など、横綱の口上でよく登場するフレーズですね。 「ご希望には添いかねます」率直に言えば、希望通りにはできませんということです。 」期待に応えることに及び腰の印象を与えず、しかし懸念が残り、それを前向きに捉えて努力する意志が伝わるでしょう。

5
に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

📲 もちろん、「ご期待に応える」という形で敬語表現にしてもいいです。 詳しく説明していきますと、 「努めてまいります」の「まいります」は「行く・来る」の謙譲語ですが、ここに「会議室へ行く」「本社から来る」のような 「移動する」という意味はありません。 ご意向に沿う 「ご意向に沿う」は「 相手の考えている通りに物事を進めること、思い通りにすること」を意味します。

3
に 添える 期待 ます 尽力 ご よう いたし

⚡ 「尽力いたします」の使い方の1番目は、「御社に貢献できるよう尽力いたします」という表現です。 就職試験などで提出する履歴書や、メールなどの文字として意思表示をする際には「貴社」を使うと良いでしょう。

3