シェフィールド u 対 チェルシー。 【分析レビュー】Premier League 第8節 チェルシー vs シェフィールド

対 チェルシー u シェフィールド

⚠ さらにこの時にSBとWGが立ち位置を入れ替えることで、WBに対応の的を絞らせない。

3
対 チェルシー u シェフィールド

😀 ブンデス [11月29日 9:14]• それができるのが、下がってきているIHの存在だ。 敵地で0-3と完敗を喫した。 シェフィールド・Uは後半にポゼッションを少し取り返したものの、なかなか敵陣深い位置まで押し込むことができない。

3
対 チェルシー u シェフィールド

💢 敵地グディソン・パーク(Goodison Park)で勝利して指揮官への重圧は軽減されたものの、ランチタイムキックオフの影響もありけが人が出たため、スールシャール監督はリーグ側に怒りの矛先を向けた。 後半:1年前のフラッシュバック 後半に入ってもチェルシーが一方的にボールを握る展開は変わらず。 この2ndボールの作り方が、今季エイブラハムはかなり成長が見られている。

対 チェルシー u シェフィールド

💋 [3-5-2]での戦い方は固定しており、リヴァプールからブリュースターといった若手のアタッカーも補強して戦力の上積みを図ってはいる。 しかし、シェフィールドはボールホルダーに対して複数で対応するなど、高い集中力を保った守備を見せる。

5
対 チェルシー u シェフィールド

🤝 堅守が売りの1つであるシェフィールドに対して4点も取ることができたのはかなりの自信になりそうである。

13
対 チェルシー u シェフィールド

👣 ハヴァーツ不在をコバチッチで埋め、プリシッチ不在をヴェルナーで埋めるという何とも豪華な代替を見せているが、逆にそこに入っていけないハドソン=オドイがやはり気がかりだ。