多肉 植物 育て 方。 多肉植物の基本的な育て方と注意点を解説!初心者にはこの種類がおすすめ

植物 方 多肉 育て

👈 約500種類存在すると言われており、雑貨屋さんなどでも良く見かける種類だと思います。 多肉植物も種類によっては、大きく育つと剪定が必要な場合があります。 日の当たる場所で育てることで、春にはピンク色の花が、秋には葉の先が赤く紅葉するのが見られます。

植物 方 多肉 育て

🤐 それでいて乾燥に強い品種も多く「アロエ」「クラッスラ」「アボ二ア」などが代表的な夏型種の多肉植物です。 白い粉の正体はカビ! 多肉植物のみならず、野菜や草花、樹木などの多くの植物がかかる病気です。 水やり:春と秋の生長期には、土の表面が乾いたら十分な水やりを。

17
植物 方 多肉 育て

🤚 根が詰らない程度の大きさを選ぶのがポイントです。

14
植物 方 多肉 育て

🐝 植え替え後は一週間ほど水やりを控え、乾燥気味に管理します。 大切なのは「乾いた土」であること。

2
植物 方 多肉 育て

😜 ワタムシは、小さな綿のように見えますが、コナカイガラムシは、米粒よりももっと小さく白くて丸い形をしています。

20
植物 方 多肉 育て

💓 センペルビウムのテラリウム。 オベサや蛾眉山の子株は、1・子株を取り外し株を増やす。

植物 方 多肉 育て

🚒 管理する場所は室内ではなく、屋外! 葉焼けを起こしやすい真夏以外は、基本的には直射日光が当たり、風通しのよい場所を多肉植物の居場所にしましょう。

5
植物 方 多肉 育て

☕ 室内で育てるとどうしても不足してしまう日光。 2ヶ月後 2ヶ月ほど経つと、古い葉の養分を吸い取り、新芽が徐々に大きく育ってきます。